2016年8月7日日曜日

人の話に興味があるフリを止めたら身軽になったお話



地域の集まりとか、年上の人が多いコミュニティに入ると、
私は自動的に

「いい子であろうとする」

および

「相手の話に興味があるフリをする」

というタチの悪いシールドが発動する笑。

そのことに
先日、集まりに向かうクルマのなかでふと、思い当たり、
「今日はそれをしないでいよう」と思ったのです。

・・・

そしたら、めちゃラクだったぁーーー。
今までどんだけ興味がある「フリ」してたんだーーー!!!笑
身軽すぎる。

あとなんか、人の話が“分かる”人でいたいんです笑。
絶妙な返しとかして、「この人、深く分かってくれてる」て思われたいんです!!!笑
(私自身がそういう人がスキなんですね)

どんどんそういうフリを止めていって、
もはやフリができなくなってきています。
(仕事に差し障りがあるんじゃなかろうか、とドキドキする)

目上の人とのLINEとかでも
今まですごーく気を遣って、
やたらに絵文字を使ってたことに気付いて笑、
(これもまた、いい子に見られたい&興味があるフリの一環ですな)
止めました。

そしたら、画面がすごーくプレーンになっててウケました笑

使いたい時だけ、使おう、絵文字。
興味がある時だけ、興味がある態度を取ろう。
文字にすると当たり前~。

田舎暮らしには不便な気がするけど、
でもこれまでの田舎の不文律に完全に同調するのも
不可能だし、そもそも意味がないハナシ。



***
で、もうひとつ。
抽象的なハナシになりますが。
心のこと、意識のことを考えるのが大好きな割に、
まだまだ、

「○○じゃないとしあわせになってはいけない」

と感じていたことに気付きました。


もっと言えば、

「○○を持ってもいないのに、
 しあわせだと感じている、と言ったら、
 底の浅さを露呈するようなものだ!」

かな。
めちゃ他人軸ゥ~!笑

○○に入るのは、
月収がいくら、とか、仕事がこう、パートナーがこう、などの
ステータス。

「こうなりたい」て理想を持つのは健全だけど、
「それが叶わなかったらしあわせと思っちゃいけない」ていうのは
あまりにも狭量だし、なんていうか、不感症?笑




***
各方面の人が「今年の秋から大変化」、と言っている。
私の踏んでいるプロセスも、そこに向けて?
さらに大切にすべきことに集中するための
断捨離というか、禊というか、なのかもしれぬ。

とはいえ、この記事は先月くらいに下書きしてたやつで
もはやフレッシュな気持ちは忘れているのだけど笑
(いろいろと、変化のスピードが増すばかりで我がことながら本当についていけません)
アップしてみよう~えいや~。いつも以上に個人的!

2016年7月20日水曜日

美味しいパンが食べたかったら。高知西部にはシェ・ムワとブロート屋さん、そしてポミエがある



今日は昼にふと

“美味しいパンが食べたい”

と思い立ち、
片道1時間以上かけて
“シェ・ムワ”へ行ってきました。

森のパン工房 シェ・ムワ

















四万十町からこのお店までは
国道439号線をひたすら行けばOKなのですが・・・
439は“酷道ヨサク”と呼ばれるくらい(与作…?)笑、
とにかくくねくねの狭い道。
運転初心者にはなかなかハードルが高いのです。

対向車が来るたびに慌てつつも、
美味しいパンが食べたい。その一心で、なんとか到着。
そこで食べるパン・オ・ショコラとカレーパンの美味しさよ・・・!
(おなか空いてて写真撮る前に食べちゃったよね・・・)



イートインできます◎ 土日はランチも!

彼の好物、きなこドーナツや
大好きなフランスあんぱん他をおみやげに買って、
またワインディングロードをなんとか帰ってきました。


美味しいパンはときどき抑えがたく衝動的に食べたくなるので笑、
シェ・ムワと、
あとはドイツパンのブロート屋さん
(四万十市中村にある。中村に行ったら高い確率で寄ります)が
高知県西部にあって良かったなぁと思うのです。
どちらも美味しくて、ショートニングとか入ってないお店。


そして、そして、土佐清水・ポミエのまささんのパンもヤバい!!!
黒潮町の海辺の日曜市とか、時々イベント出店されているのですが、
揚げたてカレーパンとスコーンたちのクオリティがめちゃ高です。
見かけたら100%買ってます。笑
少食なのに、ポミエが出店してたら全種大人買いする友だちも。笑
あーひよこ豆のカレーパン食べたいな◎

2016年7月19日火曜日

映画『FAKE』観てきたよ

映画『FAKE』を観に行ってきました。

映画『FAKE』公式サイト|監督:森達也/出演:佐村河内守


*画像は公式サイトのスクリーンショットです

私はもともと佐村河内さんのことも、彼の音楽のことも知らず、
ゴーストライター騒動で知ったのですが。

この映画について書かれたものや話されたものを見る・聞くうちに…
矢も盾もたまらず。
松山まで見に行ってきました。

(特に気になったのは、TBSラジオ「たまむすび」での赤江さんのコメントと、
 水道橋博士のメルマ旬報内、角田龍平弁護士の見解でした)

松山には、いつもナイスな作品を上映しているシネマルナティックなる映画館があるのです。
こちらも今回初めて行けてうれしかった!

⇒松山の映画館 シネマルナティック


とはいえ、松山は遠い。
四万十から下道で行くと2.5時間はかかる。
そしたら彼が、なんなら前乗りしてキャンプしよう、と素敵な提案をしてくれて、
梅雨も開けたし、いえーいキャンプー! と行ってきましたよ。

ごはんはこちらもお初、フォーシーズンズでタイ。
美味しかったし、知り合いのご夫婦に偶然会って、
奥さまがFAKEを見たとのことで感想聞いてますます高まったり!


魚のお鍋みたいなのがめちゃ美味だったぁ♡


そしてふわり海岸ていうところに着いて、テントを張って(彼が張ってくれて…笑)
月と海を眺めつつのんびりしたり。

朝起きたら水、めちゃきれいだった♡



で、映画。

もう、なんていうかこんな嫌なドギマギ感、初めて味わったかも。
嘘だって言ってくれたらいっそラクなのに! て思ったり。

後で森達也監督のインタビュー記事を読んで、
あぁこうやって物事を0か1かに単純化したくなるのって
すごーく乱暴なことなんだなぁって改めて。

「FAKE」佐村河内守氏をなぜ映画に? 森達也監督が訴える「二分化への警告」
|The Huffington Post


森さんは、ここに香さん(佐村河内さんの奥さま)がいることが大切、みたいに作中で言っていて、
この香さんがね、重要なんですけど。
ま、ほぼ佐村河内さんと奥さまの二人だからね。出てくるの。

で、佐村河内さんも香さんも、
なんていうか、普通なんだよね。

陶酔しているでもなく、ヤケになっているでもなく、開き直ってるでもなく…
特に香さんがすごーく、ニュートラルというか、ナチュラルというか。
淡々としてて、過剰さがいっさいない。
(それぐらい夫婦の暮らしに馴染んで入り込んでる森監督のすごさも思い知った…!)

「離婚とか考えなかったんですか?」みたいな、
夫婦の核心に監督が迫ったときだったかな、
その時も奥さんはほんとうに普通にしてるの。
いや、感情はもちろん高まったりしてたんだけど、
そこに過剰さ、余分さが一切ないの。

一瞬、そのことのすごみがわーって入ってきて、
香さんが天使みたいに見えた。
(決してファンシーな意味じゃなくて、普遍性が私にはそう変換されて見えた)

あとは、赤江さんも、フォーシーズンズで会った知り合いさんも言っていたとおり
佐村河内家の猫がめちゃかわいかったです。笑

とにもかくにも、語り合いたくなるので、
友だちの皆さんは是非に見て、おしえてください!笑


***
ちなみに高知には
あたご劇場という映画館があって、
こちらもナイスチョイスな瞬間です。
大好き!

⇒高知の映画館 あたご劇場

今やってるのはパガニーニ! 観に行きたいな~。







2016年7月16日土曜日

ブログで紹介していただきました♡


「む!」 「ふぁー!」  「ぬ!?」


今さっき気付いたのですが、
コチラのブログで私のブログをご紹介いただいていました♡♡♡

↓↓↓

コトノタネ 秋田県北秋田市からみた景色。



そのなかの
好きなブログ紹介~ライター&コラムニスト編~」という記事、






この方は飾ってない自然体の文章が好きですねー。記事数は少ないんだけども。
東京から高知へ移住した全貌を語った全4回のコラムは、読みやすくまとまっている印象。そしてワイルドである。思い切りが素晴らしい。
流れついた先で住むことになった部屋や、共に歩んでいけることになった相手。その後引っ越した一軒家は家賃4ケタなど…たぶんものすごい運のいいひとで、しかも運のいいひとって偶然じゃなく、絶対自分で引き寄せてるんだと思うんです。
耳障りのいい言葉を使うなら「運命」ってやつですかね。
30万円をバーンと机に置いた男前な彼女の話―免許取得しました
こんな相手と出会えることもそうなんでしょう。
本とか出さないのかなー。

一部(いやほぼ全文)引用させていただきました♡
わーい、ありがとうございますーーー!

「東京から高知へ移住した全貌を語った全4回のコラム」というのは
こちらです。(読んだ人にはしつこくてごめん! まだの人は読んでね!えへ)

(1)おひとりさま、生まれ育った街から新たな居場所へ -えぇ、東京で消耗していました

(2)おひとりさま、背水の陣で新たな居場所へ(2)-高知で恋に落ちました

(3)おひとりさま、高知で居場所探しに奔走(3)-「沢マン」で始めた2段階移住

(4)おひとりさま、日本最後の清流の地・四万十へ(最終回)-ついでにおひとりさまも卒業?



見ず知らずの方にこんな風に読んでもらえて、
さらに「本とか出さないのかなー」って、めちゃうれしいー♡
人の本(電子書籍)は書いてるんですけどね。
いわゆるゴーストライターというやつです。
(「編集協力」とかでクレジットに名前入ってるので、ゴーストっていうイメージじゃないですが)
それはそれで、著者の人になり切るのがめちゃおもしろい体験でした◎
(イタコってこんな感じかな?笑)

あと、同じ記事で紹介されているのが、
あの「筋トレ」の石井ゆかりさんっていうのも光栄です♡
筋トレってもうかれこれ6-7年読んでるんじゃなかろうか・・・。
もはや生活の一部!

取り急ぎ、感謝の意とともに記させていただきます♡
里園さん、ありがとうございます!
秋田はね、行ったことないんだけど、
大学の仲よかった友だちの出身地でよく話を聞いてたので。
行きたいんですよねー。青森とともに巡りたいなぁ。


友だちの作ってるサンキャッチャーと♡



***
「コトノタネ 秋田県北秋田市からみた景色。

選挙カフェしたよ

こんにちは!

昨日は男前な友人(*女性です♡)の家で
「選挙カフェ」に参加してきました。

先日の参議院選についての振り返りと
「今さら聞けない選挙・政治のしくみ」を改めて
みんなで学ぼう、という感じで。
(&持ち寄りパーティー♡)

主宰の友だちが手書きのプリントを準備してくれていました!♡
いつもありがとうーー!!























私は三宅洋平さんを、高知では大西そうさんを応援していましたが
結果はお二人とも落選。

でも、ここから政治家任せじゃなくて、
私たち一人一人が
未来をつくっていくんだっていうことを実感した選挙戦だったので、
気持ちは明るい。
やることやろう。

まずは、映画「選挙フェス」+ライブ・アース松山で生で見た三宅さんから
学んだ姿勢

生き方、メッセージ、食べるもの、着るもの、使う言葉。
それらをもっと純一にする。

ここを自分なりにやっていきたいな、というところ。

でも。

早速、そこがブレている、迷っている私です!!笑

日常における一つひとつの選択に対して、
違う視点が芽生え始めているというか・・・。

まだ明確化できないのですが、
内面を丁寧に観察しようと思います。


***
今回の選挙で私が得た収穫のひとつが、
50代のいとこのお姉ちゃんとのLINE。
政治の話とか、まったくもってしたことなかったんですが、
今回少しだけ、選挙の話ができて。
世代も志向もまったく違うけど、
お互いの希望を見せ合うことができたというか。それがうれしかったーー。



***
昨日の持ち寄りは猪肉に鹿肉とジビエ満載♡
今日はBBQにお呼ばれして、こちらもお肉いっぱい。
普段あんまりお肉は積極的には食べないんですが、
生理中で貧血気味だったので、どちらも美味しく、たっぷりいただきました!
(牛は食指が動かないので猪肉、鹿肉、豚を)

引き続き、めざせ血流たっぷり
(『血流がすべて解決する』の堀江昭佳さんが推奨しているのは
 豚などではなく鶏肉、なのだけど笑)


2016年6月22日水曜日

イケダハヤトさんのnote・有料マガジンに記事が掲載されました(3)

『まだ東京で消耗してるの?』のイケダハヤトさんが
noteで運営されている有料マガジン『今日はどんな実験をしよう。』

こちらに3回目の寄稿記事が掲載されました。





有料マガジン購読者の方はぜひ◎

全国デビューをめざさない四万十のミュージシャンに学んだ、自意識バイアスのムダさ加減


購読していない方も、途中まで読めます♡↓↓↓




全国デビューをめざさない四万十のミュージシャンに学んだ、自意識バイアスのムダさ加減

カゼから生まれた深い安堵

こんにちは。東京から高知へ単身移住したライターの小野好美です。
先日、久々にカゼをひいてしまいました。カゼは辛い。しかしながら、私は感じたのです。安心して休めることのヨロコビを!
東京でフリーで仕事をして、なおかつ一人暮らしをしていた時は、

カゼをひく

仕事ができなくなる

お金がなくなる

家賃が払えなくなる
死。

本気でそう思ってました。

でも
「風邪を引くとたいてい体が整うのです」
「風邪を引くと、鈍い体が一応弾力を快復するのです」
と野口整体の創始者・野口晴哉氏の名著『風邪の効用』にあるように、カゼは体にとって大事な行事。季節の変わり目等には体の毒素を出したり偏りを均したりするためにも、薬で抑えこまずに、そのプロセスをまっとうしたいのが本当のところです。

高知・四万十に暮らす今は、家賃のために働くところから脱却したので(だって一軒家なのに家賃4ケタという破格ぶりだから)安心して休み、スリランカの葛根湯と呼ばれる〈サマハン〉など飲んで体を温めつつ、なりゆきに任せました。そして、完治した今、また新しい時候に応じた体にシフトした感があります。
このように、安心して生きていると、自分という存在の根がどっしりしてきて、輪郭がくっきりしてくるように思いますし、何より心が解き放たれます。ふー。そうして今思うに、東京にいた時は、根っこをしっかりさせることなしに、立ち位置ばかり考えていたな、と思うのです。
---------------------------------------------------------------------------

高知の人たちの“気にしない力”

例えば、私は音楽が好きで、自然な欲求として何か楽器をやってみたい気持ちがあったのですが、その気持ちに応えることはしてきませんでした。なぜか。それは、ヘタだから。
あの、初心者というのはほとんどの場合、ヘタで当たり前ですよね。でも「ヘタなのにやっている」って格好悪いじゃないですか。
ストリート・ミュージシャンで、技術がまだ稚拙なのにアンプを通して大きな音を鳴らしている人などみると「センスもないのにやってるよ」「実力ないのに夢追ってるよ」と痛い人扱いしていました。だからこそ、絶対に自分がその矢面に立つことはしないようにしていたのです(本当に痛いのはもちろん私)。
その結果、どうなるか。始めないから永遠にヘタなまま(ヘタ以前の問題ですが…)。当然すぎる帰結です。
音楽が好きな自分は、ヘタな自分を容認できない。だったら完全に聞くサイドでいい。…ってあれ? 楽器をやってみたいという当初の気持ちはどこへやっちゃったの??? 
なんというか「今スグやれよ、誰も聞いてないから」としか言いようがないのですが、一事が万事こんな調子で、どうしたら格好がつくか、そのスタンスとかバランスにばかり腐心していたように思うのです。

一方、高知の人って、私がかつて苛まれていたような自意識のバイアスが少なくて、大人だろうが素人だろうが好きなことにポンと飛び込める、そんな風通しの良さがあるような気がします。


この続きをみるには
(残り1,289文字/画像2枚
ログインまたは会員登録をしてください。 
この続きをみるには
(残り1,289文字/画像2枚
ログインまたは会員登録をしてください。 
ノートを購入する
全国デビューをめざさない四万十のミュージシャンに学んだ、自意識バイアスのムダさ加減
イケダハヤト【有料マガジン注力中!】
100円
または
このノートが含まれている マガジンを購入・購読する
イケダハヤトが編集するウェブ雑誌。1記事あたり約10円と、大変お得です。小野美由紀、タナカユウキ、下津曲浩などなど、若手ライター多数連載。
月額500円

2016年6月7日火曜日

ささたくやさん著『サラダの本』が届いたよ

エムエム・ブックスfromマーマーマガジンから出版された、
ローフーディスト・ささたくやさんの本
サラダの本』をアサンブレの華ちゃんが持ってきてくれました。



*高知市の枡型商店街にあるアサンブレ・カンタはマーマーマガジンの取り扱い代理店。
  高知でマーマーマガジンや書籍が欲しい人は、ここで注文できます。

東京にいた頃からマーマーマガジンを買ったり
編集長である服部みれいさんのお話会にも行ったことがあったけど、
マーマーマガジンの内容がより深く自分と関わるようになったのは高知に来てから。
そこで、買えるバックナンバーを全部華ちゃんに取り寄せてもらって買ったりして。
ちなみに私がいちばん好きなのは性の号です!! 何度読んでも発見がある。
冷えとりとか布ナプなど、マーマー的トピックはまた書きたいのですが。
(私、冷えとり歴が長くて、サボりながらもなにげに10年くらいやってる。笑 布ナプは4年くらい)


さて、マーマーマガジンで料理の連載をしているささたくやさんは
東京から移住して高知・四万十在住。
高知でも時おりイベントに出店されていて、
今までに何度かロースイーツを頂きました。

で、たくやくんのお菓子は、
もうこれが細胞がフワっと開くような深い快感を伴うのです。
心身が満たされるので、しばらく他のもの何も食べたくならないんだよね。

私が食べたのはカシューナッツから作ったローチーズケーキ。
チーズといっても、すべてナッツやココナッツオイルなどからできています。
(食べて感動した私の彼が早速どう作ってるかたくやくんに聞いて、
 それから真似して時々作ってくれるようになりました♡ これまた美味しい♡)


動物性がイヤだから、とか
加熱して酵素が死ぬとイヤだから、とか
怒りや不安ベースの食べ物だったら、こんなに細胞が喜ばないんじゃないかなー。
たぶん植物性とか酵素に純粋にウキウキワクワクしているのだと思います。


それで、先日、ついにフルでランチをいただく機会に恵まれたのです。
愛媛県宇和島市の御槇(みまき)というところにある福田百貨店にて、
(福田百貨店もすっごい素敵なのでまた書く!⇒福田百貨店サイト
TABI食堂が開かれました。





軽く干した、半生の大根のパスタ(写真の真ん中の)とかサイコー美味しかった・・・
(マーマーfor MENにレシピ載ってたやつ)
サラダも、キヌアがたっぷり使われていたりして、
すべて植物性のローフードでもしっかりおなかいっぱいになりました。


で、今回の本。



お料理と同じですごーく丁寧に作られていることが
しみじみと伝わってきて、内容が濃いぃぃので、
少しずつ、大切に読んでいます。
たくやくんの旅&食の遍歴を綴ったエッセイもおもしろい!

ローフーディストやベジの人はもちろん、
自分や食と丁寧に向き合いたい人、
単純に美味しいものが好き! っていう人にも良いと思います♡
amazonには今のところないみたい。
お近くのマーマー取扱店かエムエム・ブックスwebで。

エムエム・ブックス『サラダの本』購入ページ

私も畑のサンチュがモリモリなので
積極的にサラダ食べよ。
トマトとか枝豆も小さい実がなりはじめて、キュンとします♡